teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


賑わいの掲示板。

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2017年 9月24日(日)20時25分1秒
編集済
  掲示板は、このぐらい賑わっていると 楽しいですね。 こうでなくちゃ!
どうせみんな暇なんだから、どんどん書き込みませんか?

それにしてもみなさん、宵っ張り! せきさん 夜中の零時過ぎ、まきさんに至っては ごぜん2じの投稿、早寝早起きが年寄りの習性なはず、みんなまだ若い?まさか!

第九のポスター早いですね。 すえさんには忘年会の会場も 予約してもらっています。
昨年の中華料理屋「大福元」です。 一応飲み物別で3000円を予定しています。
ここの紹興酒、おいしかったね~。楽しみです。  すえさん10月中に人数判ればいいですか?

せきさんはいいな~、カナデアンロッキーめぐりか~。カナダのロッキー山脈は四つの国立公園ですっぽり囲まれているから、自然のままに保護されている。写真の湖は「レイクルイーズ」ではないですか? 案内所でレイクルーズはどっちか聞いて、教えてもらったのですが、L とRの発音が違うらしく何回も発音練習をさせられた思い出の強いところです。10年も前の話。レンタカーを借りて自分で運転! 若かったんだな~。

「仕事人間内閣」だそうですが、何もしないのに解散? しかも、加計も森友もウヤムヤのまま。
あべさん、場当たり的発言で そのまま突き進んじゃうから恐ろしい。福島の原発の放射能漏れは止めます!とかいって、オリンピックを誘致。何の当てもないのに。方法が見つからず
漏れ続け、いつ終わるとも知れない状態。 ただマスコミがだんだん報道さえしない。 芸能人の不倫騒動だと騒いでいると、また何か隠しているな?と、思うこの頃。

「あれもいる これもいるのよ 老女には」

だから荷物が多くなるのよ。



 
 

年末演奏会紹介・・・

 投稿者:T.SUE  投稿日:2017年 9月24日(日)15時24分36秒
  ご無沙汰しています。元気にやっています。

YANAさんに本を紹介されると、読まなくてはいけないのかなーと思ってしまい、早速昨日「アマゾン」で購入しました。

さて、今年も年末(12/24(日)14時開演)に向けて合唱団の練習が忙しくなりつつあります。
チラシも出来上がりましたので、下に紹介させていただきます。早いもので8回目の演奏会となりました。最近は、第一部で振り付けをするのが、恒例となり、私も苦手な振り付けに四苦八苦です。
今年は、「屋根の上のバイオリン弾き」の一部を歌い踊ります。第二部は「第九」です。
ただ、昨年から大巾赤字になり、今回値上げをさせていただくとともに、一部に指定席を設けることとなりました。指定席Aが2000円、自由席1700円です。今まで1000円皆さんから頂いていましたが今年は、1500円に値上させていただきたいと思います。悪しからず・・・。
こだま忘年会も兼ねて是非今年も、お出でいただきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 

図解いちばんやさしい哲学の本

 投稿者:T.MAKI  投稿日:2017年 9月22日(金)02時29分43秒
  今の日本は、自身の野望が見透かされているにもかかわらず、また同じことを繰り返す国のトップや東京の首長ばかりでなく、行政にかかわる役人、マスコミ、大学、我々一般市民と国全体が劣化しています。特に最悪なのは、マスコミだと思います。一般市民は、社会のことをテレビや新聞から知るわけですから、客観的に正しい情報を的確に伝える義務と責任があります。そこには目もくれず、直接政治に係わりのない私的な不倫などを執拗に取り上げて大騒ぎするのを見ていると、ジャーナリストとしての矜持など持ち合わせていないただのお祭り騒ぎ好きなメディア人間としか思えません。昔のマスコミは、議員たちが正しい政治を行うことがでいるように与党をを叱ったり、野党を育てたりすることが大切な役目だと自負を持っていました。

 そこで、こだま会OBG諸兄の方々に、もう一冊の本を紹介させていただきたいと思います。

  書 名 「図解 いちばんやさしい哲学の本」
  著 者  沢辺 有司 (さわべ ゆうじ)むかし
  経 歴  フリーライター 横浜国立大学教育学部総合芸術学科卒業
       在学中、アート・映画への思想的なアプローチを学ぶ。編集プロダクション勤務を経て渡仏
       パリで思索にふける一方、アート、旅、歴史、語学を中心に図者書籍、雑誌の執筆・編集に携       わる。パリのカルチェ散歩マガジン「pietonぴえとん」(www.pieton.info)主宰
       著書に「ワケありな映画」「ワケありな名が」「ワケありな本」「音楽家100の言葉」
       (いずれも彩図社)「はじめるフランス語」(学研教育出版)がある。
  発行所  株式会社 彩図社 TEL03-5985-8213FAX03-5985-8224

 哲学を図解入りでわかりやすくまとめて表述してありますので、今まで考えてきたことをまとめたり、人と議論するときの参考にしたりするのに便利だと思います。   
 

カナディアンロッキーに魅せられた

 投稿者:seki syozo  投稿日:2017年 9月22日(金)00時33分29秒
  先週、バンクーバで、バイトをやっている娘の様子を伺うために妻とカナダに行ってきました。ついでに足を延ばして、カルガリー、バンフへ。カナディアンロッキーの湖と山並みの美しさに圧倒されました。
帰ってみて、驚いた。臨時国会の冒頭解散、総選挙と言うではないか。
「加計学園・森友学園問題」を解明するために憲法で定められた臨時国会かと思きや、まして、「仕事人内閣」と表明した組閣後、何もせずに、所信表明もないままの冒頭解散とは・・許せませんね。旅での感動の思いにふけってはいられない、日々が始まりそうです。
 

日本の覚醒のために

 投稿者:Y・Yanagisawa  投稿日:2017年 9月21日(木)18時38分15秒
編集済
  Maki君推奨の「日本の覚醒のために」を読ませてもらった、一挙に二回連続の通読でした
作者「内田 樹」さんの複数回の講演をまとめた作品だけに気負ったテーマの割には印象が希薄になったのは残念
作者自身が哲学研究者、宗教家、武道家、コラムニスト、翻訳家等幅広い分野で活躍しているのでやむを得ないのかもしれません
あまり報道はされていませんが中国や韓国でも内田さんは評価が高い作者らしい
特に中国では上層部に限定50冊を読むように上から指示され、その中に内田さんの作品もあったようです

「失敗をみとめず、失敗を検証せず、失敗を重ねた」が大日本帝国戦争指導部の「失敗」の構造そのもの
そのせいで、国家主権を失い、国土を失い、国民的な誇りを失ったとの主張に同調しました
安保法制、集団的自衛権、特定秘密保護法、次は改憲で「戦争ができる国」へ向かうのでしょうか
このくだりは、厚顔無恥な党利党略、自己保身に邁進し解散に突き進む政権にも同じ匂いがする
そして、いまだ傷のいえない原発事故も全く同様です
失敗を放置し、検証も中途半端で再稼働とは開いた口が塞がらない、次の失敗があったらどうするつもりなのか

Maki君のお陰でほんの少し熱くなりました
この熱さを少しでも皆さんと共有したいものです、1,700円ご投資を!

因みに内田さんは日比谷高校二年生時、学年どん尻の成績、その後素行不良で退学の経歴を持つ人物



 

レクイエム・2

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2017年 9月11日(月)15時04分5秒
編集済
  掲示板に、レクエムのことを載せたら 早速すえさんから問い合わせ。
昨日、すえ・くー・キクタの3人で八千代文化会館まで聞きに行きました。

本人は、自信ないからこっそりやりたいとか? 合唱です。しかも、200人からの世帯、だれが間違えようが、歌っていなかろうが、まるでわかりません。 本人がいるだけでいい。 大喜びして聞いていました。

八千代市市政50周年 記念コンサートだそうで、団員は4月に公募。ですから、高校生から80歳過ぎまでばらばら。月6回の練習を重ねて昨日に至ったようです。

迫力もあるし、うまかったです。もう8回もレクイエムをうたっている人もいたりして、楽譜も見ずに歌っていてびっくりでした。ラテン語のしかも1時間近くの曲をです。

レクイエムは 「安息を」から始まって 8つの構成になっていることを初めて知りました。
しかも、モーツアルトは途中で亡くなってしまう。 後は、弟子が造ったんだそうです。
途中で意識が遠のき、今どの場面かわからなくなり、すえさんに聞きながらの鑑賞。

八千代には、長岡さんという合唱指導の上手な方がいます。彼女の指導している少年少女合唱団は世界大会で金賞をもらったこともあり、夏休みにはコンサート旅行で世界を回っているほど。

その方が、レクイエムの練習指導者。鍛えられるはずです。 あんまりずれると声出すな!休めとか言われるらしい。ひえーです。私など入ったら、立っているだけで終わりそう!。

そんなで、充実した2時間をすごさせてもらいました。 また聞きに行きたい。こいでさん!こっそりやらずにね。

「はしゃぎ過ぎ、尿もれ気になる バスツアー」

これまた、同感!
 

レクイエム

 投稿者:Koide  投稿日:2017年 9月 9日(土)20時30分55秒
編集済
  4月15日にレクイエムの八千代市民合唱団の募集がありました。それから5ヶ月、
平均、月6回ぐらいの練習を重ねました。
下は高校生から上は80代まで・・・・なんと年齢差は70歳
車椅子の人や目に障害のある人もいます。
車椅子の男性はいつも奥さんが押して、1日の休みもなく通いました。ソプラノとテナーの境にいます。
奥さんがソプラノで歌うからです。
目の悪い男性は、肩につかまりながら、来るのですが、歌うときは、前列に立ちます。
あの分厚い楽譜をすべて暗譜しています。昔から、暗記するには、目で見て、耳で聞いて、書いておぼえるのが早い と言われました。でもこの人は耳だけです。驚きと同時に励まされます。
4パートが、言葉もバラバラ、歌いだしもバラバラなのにです。私など、フライングしたり、遅れたり・・・・
指揮者、ソリスト、楽団 みんなプロ そこに入っての市民合唱団 指導者の先生もさぞかしイライラがつのったと思いますが、何とか演奏にこぎつけ、ようやく明日本番です。私は、早いところは、口が回らず、Rの巻き舌も出来ないままの本番です。
そんなわけで、ひっそりとやっていたかったのですが、掲示板に載ってしまって・・・・
まあとにかく、やるしかありません。
退職してから、第九、レクイエム と思いがけないところに自分がいて、驚きです。
何があるかわからないものです。終わったら違う景色が見えるかな・・・・・
 

修善寺温泉、湯回廊 菊屋。

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2017年 9月 7日(木)18時59分44秒
編集済
  ザ・ヌード展の時、ぜひ行こう! 11月・20日・21日・22日と、日にちも決めました。
「どうなっている?」と、坂村さんから今日問い合わせがあった。

とても気にしていました。阪神交通社から送られてくる「 The温泉の旅」という、パンフレットを見て4月には出かけました。 それを待っていたのですが 11月後半は紅葉の季節でもあり、4月のような安売りパックはないのです。 仕方ないので ゆこゆこを使って 2泊で2部屋を予約しまし
た。

次の間つきの部屋(4月に泊まったのもこのタイプ)で、食事はお任せ懐石料理で、税込み1泊16000円+湯蕩税150円=16150円。 2泊で32300円。
電車賃 踊り子号だと乗り換えなしで 修善寺まで。往復約1万円  2時間6分
    JRを使うと 熱海か三島で乗りかえ、これも往復1万円 ただし大人の休日クラブを使うと安くなる。

修善寺から 宿までは バスで行きます。菊屋は バスを降りてすぐです。宿は2階建てで、エレベーターはありません。真ん中が小川が流れる庭になっていて これを中心に部屋と温泉が取り囲んでいます。私は この按配が かなり気に入りました。

電車の時間などは、11月に入ってから、掲示板に乗せたいと思います。
私のほうは、 「行くつもり!」を、早めに知らせていただけると助かります。 11月下旬は結構菊屋は混んでいます。離れも含めて44室の旅館です。 部屋を増やすなら早めじゃないと・・・。

レクイエム。
八千代の文化会館で10日の日曜日 八千代市民合唱団のコンサート。
こいでさんが、舞台に立ちます。くーちゃんと二人で 聞きに行きます。
CD聞きながら練習しているそうですが、舌が回らんと 弱音を吐いている。 でも、意外とこの人本番に強い。 楽しみです。

ババア川柳なる本をみつけた。投稿者は、ばあさんばかり。笑っちゃたのを、これから少しづつ紹介

「じいさんよ、来世は わたしに声かけないで!」

同感!!
 

やったね!

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2017年 9月 1日(金)15時54分18秒
編集済
  来年のワールドカップも、またドキドキしながら見ることができます。

アジア最終予選の初戦で負けた国が ワールドカップ出場0%、オーストラリアには公式戦で勝ち星なし、など、テレビ局は余計なデーターを、次々と出す。

どうしたことか、オーストラリアは体格を生かしたいつものパワープレーではない。パスをつなぐプレーに変えてきているが、ただいま練習中、といった塩梅。 パワープレーではアジアでは通用するが世界では無理、で、戦術変更の実践中らしい。 ブラジルワールドカップではアジア代表国は、
1勝もせずに全部帰国でした。 どこの国が抜け出せるか? オーストラリアが案外早いかもしれない。

日本も若い世代の台頭が うれしい! 長谷部の後継者がほしいね~。真ん中のコントローラーが。

「また、楽しみが増えたね!」と、よっちんから絵文字いっぱいのメールが届く。 嬉しさが伝わる。
 

沢田教一写真展。

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2017年 8月29日(火)22時12分16秒
編集済
  日本橋高島屋美術館で28日まで開催していました。月曜日に見に行ってきました。最終日のせいか、奥さんが徹子の部屋に出ていたせいか、とても混んでいました。

ベトナム戦争の時、アメリカのナパーム弾から川に逃げる二組の親子を映した写真家。ピュリッツア賞を受け 新聞や雑誌で取り上げられていたので、必ず目にしているはずの1枚。

この方、賞でもらった賞金を写真の親子を探し出して渡したとか?このとき赤ちゃんだった女の子がお礼を述べている映像が流されていました。

沢田さんは、青森の出身、小学校でも、高校に入っても寺山修司と一緒だったそうです。この年の青森は個性的な人のあたり年だったんですね。この方従軍中に爆撃で亡くなっています。カンボジアで。30代の初めでした。 写真家で11歳 年上の奥さんは、90歳を超えているのにとてもしっかりしていてびっくりです。弘前にお住まいで、写真家としての仕事もなさっているらしい。

沢田さんは、従軍カメラマンとして有名になりましたが、人々の笑顔を撮るのがとてもうまい人です。特に子供たちの素敵な笑顔の写真が目につきました。 写真だけの展覧会はあまり出かけませんが、この展覧会は、とても引き込まれました。

大塚美術館。
世界の名画を原寸大で タイルで複写している美術館が四国にあることは知っていましたが、徳島からの帰り、その美術館の前を通りました。鳴門市になるのでしょうか?ここにあるとは知りませんでした。製薬会社の所有。
「寄りた~い!見た~い!」と、思いましたが ツアー旅行の悲しさ、自由が利かない。
絶対見に来るぞ!と、思いながら 横目で見て通り過ぎました。

怖いですね~。
いよいよ、頭の上をミサイルが飛んで行った。
子供みたいな人が、絶大な権力を握って、独裁である怖さ。日本など何の歯止めにもならない。

三本の矢
「あやふ矢」 「うやむ矢」 「もやも矢」  アベノマジックス。
 

レンタル掲示板
/113