teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


三郷・第九発表会へのお誘い。

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2018年10月21日(日)15時42分58秒
編集済
  以前にも 連絡いたしましたが 今年の三郷第九の発表会は すえさんのところだけではなく市の方も関係しているらしく チケットがとりにくくなっていますので 早めに参加表明をしてください。


【 三郷・第九を聞く会と、忘年会へのお誘い         】

いつ  12月23日(日曜日) 2時開演
どこで  三郷文化会館  JR 三郷駅 歩いて 8分
集合  三郷文化会館いりぐち 階段のところ   ここで現金引換えでチケット渡します。
いくら 指定席で2000円 (スエさんが500円負担してくれています)

忘年会
いつ  12月23日(日)  5時(演奏会が終わり次第 みんなで 移動します)
どこで  三郷駅から北へ6分  「中華料理店」 いつも使っている所。
いくら  料理3000円  飲み代は別。

現在 アライ・イノウエ・セキの3名が参加表明


残念なお知らせ。
昨日 佐川さんの奥さんから 留守電が入っていました。 気づいたのが夜10時過ぎ。
佐川さんが
 9月 24日に亡くなりました。との知らせでした。

軽井沢の集いのとき、胃癌で手術をしたので 欠席。との連絡を受けていました。ですから闘病生活6年でしょうか? 今日奥さんと話をしました。 最後の時期は看護婦や医者の往診を受けながら自宅療養で、穏やかに過ごしました。とのこと。24日も 大好きなコーヒーを飲みながら眠るような最後だったそうです。

彼は几帳面な人らしく  エンデングノートをきっちり書いていて 葬儀は家族だけで、知人友人への連絡は、奥さんが落ち着いてから。 それで、今になりました。とのことでした。

「明るくて、てきぱきしていてうちの奥さんいいでしょ?」と、佐川さんに自慢されたことがあります。新宿の「ともしび」に、すえさん、よねますさん、佐川夫妻と 歌いに行った帰り道です。
奥さんの電話を聞いて 一番初めにこの言葉を思い出しました。 その奥さんに自宅で最後まで見守られて 佐川さん 幸せな最後だったように思います。 合掌。








 
 

ゴルフに行ってきました・・・

 投稿者:T.SUE  投稿日:2018年10月19日(金)12時03分33秒
  何時も掲出していますが、年2回程度ヤッチャン・Inoueとゴルフをする近年です。
昨日両氏のメンバーコースに久しぶりに行って楽しんできました。
朝一番、4時半起きで。なんと3時間ほどかけて神奈川の秦野のコースです。行くまでに疲れてしまうほどです。

でも一日楽しむことができて、幸せで、3人でゴルフのできることを喜びあいました。Sakaちゃんヤナさんも一緒できたら・・・と残念がりもしました。
スコアーは、私自身は、ぴりっけつですが、元気だけが取り柄でしょうか。
またのゴルフを約束して、帰路につきました。

写真を掲載しておきます。
 

塩害の凄さ!。

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2018年10月17日(水)20時50分40秒
編集済
  ヨネマスさんが県展を見に来てくれたので、津田沼駅で待ち合わせ。ベンツで県立美術館に向かう。

途中、イチョウ並木が1キロ近く続く道を通る。 東京湾の埋め立て地に新しくできた街並みと新しくできたイチョウ並木。 イチョウの大きさはまだまだですが、この時期この並木を通るのは大好きです。ところが 今年のイチョウは無残な姿に。 ビルの陰のイチョウは 下が緑で上の方が赤い、という見たことのない色のイチョウ。風通しの良い場所のイチョウはもう枯れ落ちていました。

塩害とわかりましたが、どの場所にどんな風が吹いたかが、想像できるイチョウの姿でした。ぜんぶが赤くなっているもの、東京湾の方の片側だけ赤く、片側が緑といった、作ろうと思ってもできないような色で、初めて見る姿です。

イチョウがこんな姿ですから、畑の作物の被害はもっとだろうと・・・。店先の野菜がますます少なくなりそうです。 この頃野菜たっぷりの献立など、贅沢なものになってきています。

ウルグアイ戦
面白い試合でした。森保ジャパンは とにかく前へ前へが見ていて気分がいい。 日本チームのイライラするところは カットされるような横パスを懲りもしないで繰り返すこと。 いつもののしりながら見ている。 それが無くなっただけでも「いいぞ~」です。  もともとサッカーは労働者の憂さ晴らし的にできたスポーツらしい。 ですから、勝つことが全て。反則だって如何にバレずにやるか?手を使っても神の手だとうそぶく凄さがないと、言う世界です。

ですから、カード抜き忘れても、スイカ落としても戻ってくる日本では、難しいスポーツなのかもしれない。今回のウルグアイはエースストライカーが来ていない。この人現在バルセロナにいますが、
頭に血が上るとかみつく癖のある人。ブラジルワールドカップの時にもやった。
もし彼が来ていたら? 噛みつきたくなるような試合だったかも・・・。噛みつかれるのは?多分DFだよね?

「八十路でも、これから行く路(みち) 初体験」

だよね~。

追記  カンタナ日記の空の写真 きれいです。
 

猛暑の後遺症。

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2018年10月12日(金)11時38分25秒
編集済
  今年の夏は、最高気温はすごかったですが、最低気温さえ27度とかで、昼も夜もクーラーをつけずにはいられず、そのクーラーにすっかりやられてしまった。体の芯が冷えてしまったらしい。設定温度も昼は27・5度 夜は28度だったんですけどね~。腰痛がひどい。整形外科では骨に異常はなし。
鍼灸では冷えからくる血行障害でしょう、と。治療を続けているがこれがまたいつまでもしつこい。

景色はすっかり秋模様なのに 体の痛みは夏のまま。しかも、痛いところが移動する。血行障害の典型例らしい。早く夏とサヨナラしたい。

台風の後遺症の塩害。
送電線に塩がついて停電になり 京成電車は終日ストップするし、快速も一時ストップ。各駅の総武線はぎゅうずめ。その日の夜です。 消防車のけたたましいサイレンの音で目を覚ます。しかも家のすぐ近くでストップ。びっくりして飛び出したが、火は見えない。消防車は電信柱の下に。火花が出ているとの通報だったらしい。こんな被害もあるのか?午前1時半でした。

腰痛で、イテテ イテテ言いながら 絵は描いています。今日から県展です。
9月にも県立美術館でグループ展があり、そこにもヌードを2点出しました。
搬出の日 絵を取り外していたら 2・3人でいた男性陣から声をかけられた。何年ぐらい描いているかとか、いろいろ聞かれて モデルはどうしている?と。 「自画像です」と、即答。

一人はえっ!でしたが、大笑いの人がいた。普通 アハハ!なんだけど、この人ギャハハハ!で、とまらない。確かに受けは狙っていますが、ここまで笑うか?  ちょっと傷ついて帰りました。

「電話口 恋に夢中と言ってやる」

オレオレ電話に使えそう!

 

箱根仙台原のススキ野でした・・

 投稿者:T.SUE  投稿日:2018年10月 7日(日)21時12分30秒
編集済
  間違えました。「大歩危」とどちらを選択しようかと迷っていたのですが、箱根を選んで
大歩危と書いてしまいました。(ヤッチャンから、意味不明?と電話がありました。既に訂正しているので、そうかも・・・Kikutaさんの文を受けての文ですので・・あしからず。)

クレジットカートは、間違えたことはありませんが・・・しょっちゅう置き忘れてしまうのが、ゴルフ練習場のカードです。打ち終わった後に会員証のカード(残球数がある)が出ているのですが、忘れて帰ってきてしまう。先週も「この間差しっ放し」で帰ったと思うのですが・・・と、チャンと届けられているのです。もう何度あったことやら。一度も、他人が使ってしまったと言うことがない。そういう意味では、日本人は正直・・・。(忘れている場合に音を出すなどならないですか、と注文してきたばかり) 週に一度くらいは練習に行っています。それでも、スコアーは落ちる一方で悔しい。「悔しい」気があるうちは、行こうかと思っています。

ちなみに迷った「大歩危」の写真を次に掲載します。ついでにYanaさんのメールアドレスが分からないので(何時もSMS)、参考までに、私の通う病院のポスターを掲載します。

下の方が読めないといけないので・・・
①上腕と足首の血圧を測る検査です。
②数分で終了します。
③結果は、すぐわかります。・・・と。

http://

 

笑いました。

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2018年10月 7日(日)19時40分19秒
編集済
  18歳と81歳の違い川柳。

18歳の記憶は、どんどん薄れていくのに81歳は 今や真っ盛り!という感じ。
このごろ、スーパーまでレジを打ってもらったら 支払いは機械で自分で、というところが多くなってきた。それはそれでよいのですが もうすでに2回もカードの抜き忘れをしている。

1回目はスーパーから忘れものですと、電話。二度目は他の店で買い物をしてカードのないことに気づく。銀行でのカード忘れも含めて今年すでに3回。気を付けないと!と、思いながらカードを抜いていないとブザーを鳴らしてくれないかな~、と思う。スーパーで聞いたら、鳴ります、と。一度も聞いたことがない。
スイカのチャージではもたもたしていると 結構大きなブザーが鳴る。だから、忘れたことがない。
落としたことは3回もあるけど。


カード忘れも、スイカを落とした時も ちゃんと戻ってきた。 日本はいい国だ!としみじみ思う。
それでも、スイカはケースに入れてバックに括り付けて、落としの自衛をしているが、カードをどうするか? いい方法ない?

掲示板の写真、いいですね~。 大歩危は 通ったことがありますが、8月でした。箱根の仙石原もススキが見事ですがこちらの方が 傾斜がきつそうですね。 大歩危・小歩危は傾斜のきついところで、大股で歩いても、小股で歩いても危ないところ、で、この名前が付いたと聞いたことがりますが、大雨が降っても大変そうだと思いながら見ました。今年の台風ではどうだったのでしょうか?

樹木希林さん
全身癌を公表しながらも 頑張りました。 大腿骨骨折が命取りになることが多々あるようで、希林さんも危篤状態から脱したかのようにみえましたが、かないませんでした。 生きているのだから終わりがあるのは、仕方がないことですが 見慣れた方々が 次々といなくなるのは さみしいですね。

認知症の取扱説明書。
老人の取扱説明書の 続編版。 81歳側として、とても参考になる。とりあえず家の中に閉じこもりがちになるのは避けたいですね。

「せっかくの、混浴なのに目がかすむ」

もったいない!
 

今、巷で人気の川柳

 投稿者:T.MAKI  投稿日:2018年 9月25日(火)16時04分39秒
  今、巷間(主に年寄りの間)で人気の川柳「18歳と81歳の違い」を挙げておきます。

・道路を暴走するのが18歳、逆走するのが81歳。

・心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳。

・偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳。

・恋に溺れるのが18歳、風呂でおぼれるのが81歳。

・まだ何も知らないのが18歳、もう何も覚えていないのが81歳。

・東京オリンピックを見に行きたいと思うのが18歳、東京オリンピックまで生きていたいと思うの
 が81歳。

・自分探しをしているのが18歳、皆に探されているのが81歳。

・髪の毛が邪魔になるのが18歳、頭と顔の区別がないのが81歳。

・愛していると確かめ合うのが18歳、生きているかと確かめ合うのが81歳。

・「嵐」というアイドルを思い出すのが18歳、嵐寛寿郎を思い出すのが81歳。
 

そうだったんですか?

 投稿者:S.Kikuti  投稿日:2018年 9月24日(月)21時53分59秒
編集済
  せきさんの 奥さん 中国語を習ったり 中国の楽器を習ったり 中国にもよく行くな~、と思っていたらそんな訳があったんですね。 生まれたのも中国? お墓のある町 地図で調べたのですが見つけられませんでした。

気温が30度以下になると体が楽ですね~。クーラーとサヨナラできたのが何より。冷えがこんなに体にダメージを与えるとは・・・。夏風邪まで引いて 医師処方の薬5日分飲んでもまだ治らず 再受診。
しつこい腰痛・しつこい風邪 一体なんなんだ!と、ブツブツ。 考えてみたらそれだけ抵抗力を無くしていることに気づいた。免許の更新に認知症テストを受ける年ごろになったことを自覚しないとね。
やれやれです。

若い世代の活躍
まず、テニスのなおみさん。20歳の活躍にはただただ 感動。 すごいことです。
ただ帰国してのマスコミ攻勢には 気の毒。 つぶされないかと 心配。

サッカーの森保ジャパン。
初めての試合。 平均年齢も若くなり、久しぶりに前に前に行くチームを見た。
見ていて気分もよく 期待が持てそうで これからの試合が楽しみ。

教習所に2回も行き 免許センターでやっと免許を手にいれて しみじみ眺め また3年後か~と思った。なんとその時は80歳! 当たり前なんだけど びっくり! 更新をするかどうかも含めて考えないとね。

「つまずいて 転んだはずが 立っていた」

有りか?
 

三郷第九・・

 投稿者:T.SUE  投稿日:2018年 9月18日(火)21時14分52秒
編集済
  Kikutaさんが、紹介してくれました「三郷第九演奏会」です。
丁度、私がフリーとなり、その年に公募の第九を歌って10年目となります。今年再度公募で第九を歌うこととなりました。我が団の40名と公募の約80名が一緒で第九を第二部として歌います。
第一部は、我が団が受け持ち、朝ドラの「麦の唄」と「八郎」(秋田の八郎潟にまつわる民話の紙芝居とバックコーラス)の構成です。

こだま有志の皆さんが、聴いていただきその後「忘年会」と言うことでこの田舎三郷までお出で頂き、約10年、集まれるのも健康であればこそ・・感謝しています。
今年の演奏会のポスターができましたので、掲載します。
また、団の私が管理者をしている「ホームページ」も下のURLに示しましたので、ついでにご覧ください。9月の8日9日には千葉の岩井海岸で一泊で10時間強の合唱練習をしてきました。その時の風景も、掲載しています。9月30日には、市民合唱祭で歌います。
歌うことが、私の一つの生きがいと健康の元となっています。

https://6827.teacup.com/suet/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww12.plala.or.jp%2Fsuet1941%2F

http://www12.plala.or.jp/suet1941/

 

中国・ジャムスへ墓参の旅

 投稿者:seki syozo  投稿日:2018年 9月16日(日)21時40分45秒
  ご無沙汰しています。今月初め、22年ぶりに中國・ジャムスの奥地で戦死した義父の墓参の旅をしてきました。
22年前、たまたま知り合いの兄さんが行政の方だったことで、戦友が残した手記を手がかりに、行政あげて亡くなった
戦場を探し当ててくれ「此処でしょう」という地に、あった石を墓石に見立て「墓参」を実現したのでした。その
時行けなかった義兄の願いで再度の訪問でした。しかし当時の方たちはおらず現地の様相もすっかり変わっていて
はたして現地にたどり着くかの不安な旅でしたが。なんと、林の草むらの中に、かっての石に再会できたのは感激でした。
中国は2008年の北京オリンピック期に大きく変わったとのこと。特に大規模化した北京空港、高層ビルの乱立する
北京の街の変貌、車の洪水は・・凄まじいものがありましたが危うさも・・・、でこぼこ道のジャムスの街もすっかり
近代化されていましたが、一方裏に入ると・・・懐かしいかっての風景でした。・・・何度か中国へ旅しましたが、
今回感じた印象は、その経済力をバックにした大胆な変貌には驚きましたが、同時に日本という国を相手にしていないのではないかと
感じたことでした。

写真は、ジュムスの松花江の岸部の整備された公園での朝の風景、
万里の頂上、
墓参地となったジャムス市湯原県の街から車で1時間半の小高い山の草むらの「石」
(義父は、国境守備隊の小隊長として敗戦も知らず、国境から逃亡中9月5日に戦死)
 

レンタル掲示板
/122